ふるだて税理士事務所は豊富な知識と実績で最善策を提案します!!
トップページ > 節税・お役立ち情報 > 「会計指針の適用に関するチェックリスト」の制度見直し

「会計指針の適用に関するチェックリスト」の制度見直し

2012/4/01

顧問税理士が作成する「中小企業の会計に関するチェックリスト」を、金融機関に提出することで保証料や利息が割引になる制度があるのを、みなさんご存知かと思います。
 
従来から保証協会の保証料が0.1%割引になりましたが、日本政策金融公庫でも利息を0.2%割引く制度が平成23年4月1日からスタートしています。
 
日本政策金融公庫の利息割引制度は、すべての融資制度に対して使えるため、1,000万円を5年返済で借入した場合には、5万円程度、利息が安くなります。
 
その、チェックリストの制度が平成24年4月1日以降変更になります。
具体的には、保証協会の割引制度について、これまではチェック項目の内に、会計指針に従っていない項目(×)があったとしても、理由を記入することで保証料の割引を受けることができました。
 
それが、平成24年4月1日以降は日本政策金融公庫と同様に、すべて準拠(○)でないと割引を受けられなくなります。
 
中小企業の決算書は、会計指針に従って処理されていないケースがあります。
 
今後は、今まで以上に中小企業についても、会計指針に従った決算書の作成が求められるようになります。
 
しかし、きちんとした決算書を作成することで、資金調達コストが安くなるのです。
 
厳しい情勢の時でこそしっかりとした決算書が必要になります。
経営相談、融資相談もお気軽にご相談ください。
 
(執筆:若月)

(トップページに戻る)


ふるだて税理士事務所 代表者プロフィール

古舘 雅史(ふるだてまさし)

詳しいプロフィールはこちら


  • 節税・お役立ち情報
  • 税理士のコラム
  • スタッフのコラム
  • お客様の声
  • 紹介されたTV・雑誌・新聞
  • 相続税申告.com
  • スポット決算.com
  • マンガで解説スポット決算