ふるだて税理士事務所は豊富な知識と実績で最善策を提案します!!
トップページ > 節税・お役立ち情報 > 生命保険料控除が変わります

生命保険料控除が変わります

2011/11/01

平成22年度の税制改正により、平成24年度から生命保険料控除の制度が変わります。


改正のポイント

「介護医療保険料控除」の新設

現行の「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」に加え、

「介護医療保険料控除」が新設されます。


各控除枠の適用限度額・制度全体での所得控除限度額の変更

「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」の適用限度額が、

所得税4万円・住民税2.8万円に変更となり、新設される「介護医療保険料控除」も同額となります。


制度全体での所得税の所得控除限度額が、10万円から12万円に変更となります。

住民税は限度額7万円のまま変更ありません。


各保険料控除枠の適用限度額について


<現行制度>保険契約の締結が平成23年12月31日以前であるもの

全体の所得控除限度額 所得税10万円(一般5万円、個人年金5万円)
                住民税 7万円(一般3.5万円、個人年金3.5万円)

<新制度>保険契約の締結が平成24年1月1日以後であるもの

全体の所得控除限度額 所得税12万円(一般4万円、個人年金4万円、介護医療4万円)
                住民税 7万円(一般2.8万円、個人年金2.8万円、介護医療2.8万円)



この改正は、平成24年度の所得税(平成25年度の住民税)から適用されるものです。

平成23年度の所得税(平成24年度の住民税)までは、現行制度のままとなりますのでご注意ください。
 

(トップページに戻る)


ふるだて税理士事務所 代表者プロフィール

古舘 雅史(ふるだてまさし)

詳しいプロフィールはこちら


  • 節税・お役立ち情報
  • 税理士のコラム
  • スタッフのコラム
  • お客様の声
  • 紹介されたTV・雑誌・新聞
  • 相続税申告.com
  • スポット決算.com
  • マンガで解説スポット決算