ふるだて税理士事務所は豊富な知識と実績で最善策を提案します!!

IT導入補助金

2018/6/01

IT導入補助金は、業務の生産性向上を図ることを目的とした制度です。

中小企業がITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部が補助されます。


IT導入補助金4つのポイント

1.対象になるITツール

ソフトウェア製品/クラウドサービスと、それに付随するオプション、サポート費用などの導入に必要な費用が、ほぼすべて対象となります。

2.対象企業

中小企業・小規模事業者となります。
卸売業や小売業・製造業・サービス業など、多くの企業が対象です。

主な対象業種 対象条件:資本金、従業員規模の一方が、下記以下の場合
資本金  従業員(常勤)
卸売業 1億円   100人  
小売業 5000万円   50人  
製造業 3億円   300人  
サービス業 5000万円   100人  

その他の業種や条件については、こちらをご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/applicant/subsidized-works.html



3.IT導入補助金はいくらでるの?

補助金額は、対象製品の購入金額の1/2になります。上限が50万円、下限が15万円となります。
※補助金の交付には、30万以上の購入が必要です。


例えば、導入金額が100万円の場合、最大50万円の交付が受けられます。



4.申請期間はいつまで?



一次公募の交付申請期間は2018年6月4日(月)までです。


補助金総額は500億円。
二次公募もも予定されていますが、審査は早い公募から実施されます。
予算消化型の制度であることも考えると、早めの申請がベストと言えそうです。



【まとめ】

IT導入補助金は、審査が通ってから購入(導入)する制度となります。

まずは生産性向上・効率化したい業務を探し、効果の確認から補助金活用を検討していきましょう。

※交付決定前に契約・導入され発生した経費は補助対象となりません。必ず交付決定を受けた後に補助事業を開始してください。

※補助金の申請には審査があります。詳しくはIT導入補助金サイトをご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/

(執筆:古舘)

(トップページに戻る)


ふるだて税理士事務所 代表者プロフィール

古舘 雅史(ふるだてまさし)

詳しいプロフィールはこちら


  • 節税・お役立ち情報
  • 税理士のコラム
  • スタッフのコラム
  • お客様の声
  • 紹介されたTV・雑誌・新聞
  • 相続税申告.com
  • スポット決算.com
  • マンガで解説スポット決算