ふるだて税理士事務所は豊富な知識と実績で最善策を提案します!!
トップページ > 節税・お役立ち情報 > 扶養控除等申告書

扶養控除等申告書

2015/11/01

東京では木枯らしも吹き、すっかり肌寒くなってきました。
そろそろ『年末調整』の準備を始める事業所さんも多いのではないでしょうか。
 
今年の年末調整はマイナンバーが関係すると心配されている方も多いですが、具体的には年末調整の際に従業員に記入してもらう『平成28年分の扶養控除等申告書』に関係してきます。
 
また、マイナンバー以外にも非居住者を扶養にしている場合も追加項目が設けられました。


重要性が高まりつつある、扶養控除等申告書。
今回は扶養控除等申告書の追加記載について整理してみました。
 
 
【マイナンバーについて】
 
■追加記載内容
従業員本人、扶養親族のマイナンバー
 
■記入の必要性
マイナンバーを記載した源泉徴収票は平成28年1月からの給与に対するものになります。
実は今年の年末調整(平成27年分源泉徴収票)は関係ありません。
 
しかし、年明け早々に退職等の理由により平成28年分の源泉徴収票を早期に作成することも考えられます。 
そのため今年の年末調整時に提出してもらう『平成28年分の扶養控除等申告書』に、従業員とその扶養家族のマイナンバーを集めてしまったほうが安心でオススメです。
 
事務的な話ですが、様々な理由からマイナンバーの取得・確認に時間がかかる場合、期限を決めて後回しのほうがいいかもしれません。
年末調整書類が集まらないことのほうが、事務処理への弊害が大きいです。 
 
■年度途中の就業者
平成28年に入ってから、新人を採用したような場合は当然ですがマイナンバーの取得が必要です。
甲欄適用者であれば、扶養控除等申告書を最初の給与支払日までに提出してもらいます。
 
■乙欄適用の従業員
他から主たる給与を受けている方は、扶養控除等申告書がありません。
扶養控除等申告書の提出がない方の場合は、違う方法で本人のマイナンバーを記録することになります。
 
 
【非居住者の扶養控除等について】
 
■追加記載内容
① 「非居住者である親族」
扶養親族が国外居住親族に該当する場合に「〇」を記載します。
 
② 「生計を一にする事実」
その年に国外居住親族へ送金等をした金額の合計額を記載します。
 
■記入の時期
①「非居住者である親族」
扶養控除等申告書を提出するとき
 
②「生計を一にする事実」
その年に行った具体的な送金等をした合計額を年末調整の際に追記又は報告等をします。
 
■添付資料等
①親族関係書類
②送金関係書類
を提出提示しなければなりません(提示がなければ扶養から外れます)。
これらの書類には、日本語訳が必要とされています。
 
 
【まとめ】
平成27年の年末調整だけを考えると、例年と変わりはありません。
ただし、平成28年分の扶養控除等申告書は大幅な変更がされております。
扶養控除等申告書の記載方法について、従業員に周知させることが必要な年になりそうです。
 
(執筆:渡辺)

(トップページに戻る)


ふるだて税理士事務所 代表者プロフィール

古舘 雅史(ふるだてまさし)

詳しいプロフィールはこちら


  • 節税・お役立ち情報
  • 税理士のコラム
  • スタッフのコラム
  • お客様の声
  • 紹介されたTV・雑誌・新聞
  • 相続税申告.com
  • スポット決算.com
  • マンガで解説スポット決算