ふるだて税理士事務所は豊富な知識と実績で最善策を提案します!!

印紙税の改正

2014/4/01


本日から消費税率が変更になりましたが、もう一つ、知っておいていただきたい改正があります。

それは、印紙税です。


従来3万円以上の「領収書」に貼付が必要だった収入印紙が本日から5万円以上のものに貼付をすればよいことになりました。

なお、5万円以上とは、消費税の金額が明らかな場合は、消費税を除いた金額で判定します。

例えば、


「52,920円(うち消費税3,920円)」

「52,920円(税抜価格49,000円)」

などと記載する場合です。

また、こちらは変更ではありませんがクレジットカードにより支払いを受けた場合で、クレジットカードによる支払であることがしっかり記載された領収書であれば、金額に関係なく収入印紙の貼付は不要です。

もし、収入印紙の貼付が無く税務調査等で指摘された場合には、貼付を忘れた印紙の最大3倍の罰金がかかります。

この罰金は法人税や所得税を計算する際に経費になりません。


一般的な収入印紙は200円からと小額ですがちりも積もれば大きなコストになります。

貼付が不要な領収書に間違って貼付してしまったり、余分な金額の収入印紙を貼付しないように気を付けましょう。

なお、間違って貼付してしまった場合には、税務署で還付請求することもできます。


消費税率が8%になり納税が増える会社がほとんどだと思います。

印紙税など、できるところから節約をしていきましょう。

(執筆:古舘)

(トップページに戻る)


ふるだて税理士事務所 代表者プロフィール

古舘 雅史(ふるだてまさし)

詳しいプロフィールはこちら


  • 節税・お役立ち情報
  • 税理士のコラム
  • スタッフのコラム
  • お客様の声
  • 紹介されたTV・雑誌・新聞
  • 相続税申告.com
  • スポット決算.com
  • マンガで解説スポット決算