ふるだて税理士事務所は豊富な知識と実績で最善策を提案します!!
トップページ > 節税・お役立ち情報 > 中小法人の交際費課税の見直し

中小法人の交際費課税の見直し

2013/4/01

平成25年度の税制改正では、中小法人の交際費課税の特例が

見直しされました。

 

具体的には、控除限度額が600万円から800万円に引き上げられます。

 

また、現在は600万円までの交際費のうち、10%については

経費として認められていませんでしたが、改正後はそのような

取り扱いもなくなります。

 

 

たとえば、年間の交際費が700万円の会社で計算してみます。

 

 

 【改正前の経費にならない金額】

 

600万円×10%+(700万円-600万円)=160万円

 

【改正後の経費にならない金額】

 

800万円>700万円 ∴0円

 

 

改正前では700万円のうち160万円が経費として認められなかったものが

改正後では700万円全額が経費になります。

 

 

適用時期は平成25年4月1日から平成26年3月31日までに開始する

事業年度です。

 

 

今回の改正趣旨は、

 

「消費の拡大を通じた経済の活性化を図る」

 

とのことです。

 

会社の預金を考えると100万円の交際費を使うよりも

40万円の税金(※)を払った方がお金は多く残ります。

 

※実効税率40%として計算。

 

 

無理をして交際費を増やすことはないと思いますが

交際費支出が必然な会社には朗報ですね。

 

(執筆:古舘)

 

(トップページに戻る)


ふるだて税理士事務所 代表者プロフィール

古舘 雅史(ふるだてまさし)

詳しいプロフィールはこちら


  • 節税・お役立ち情報
  • 税理士のコラム
  • スタッフのコラム
  • お客様の声
  • 紹介されたTV・雑誌・新聞
  • 相続税申告.com
  • スポット決算.com
  • マンガで解説スポット決算